簡単に消えてしまうシミ治療|クリニックで完全に無くせる

ウーマン

痛くて辛い足の異常

脚

足に合った靴の選択や、適切な姿勢、正しい足の動きを意識して足を健康に保つことは、全身の健康に繋がります。最近は外反母趾に悩むひとが多くなっています。それに伴い、医療機関では、様々な治療を行ない、外反母趾を改善しています。

詳しく見る

多汗症を改善させるには

女性

多汗症で悩む人は多いのですが、この症状に対しての治療は色々あります。内服薬や注射、マイクロ波や手術によって治療をすることができます。この中で特人気となっているのがミラドライという方法です。この方法では傷跡も残さず多汗症を改善させることが可能です。

詳しく見る

シミを治したい時には

婦人

レーザー以外に薬でも可能

シミが気になる場合は、やはりクリニックでシミ治療をしてもらうのがお勧めです。しかし一口にシミと言っても、様々な種類があり、それによって治療方法も異なって来ます。シミ治療で一番効果があるのはレーザーだといわれていますが、その他にも皮膚科、あるいは美容外科のクリニックを受診すれば、飲み薬や塗り薬を処方してくれることもあります。ですからシミ治療を行う場合は、まずクリニックで薬を処方してもらい、それでも効果がない場合には、レーザーで治療してもらうこともできます。また、シミによってはレーザー治療ができにくいものもあります。たとえばホルモンバランスの乱れ、あるいはストレスなどが原因で起こる肝斑は、最近はレーザーでも治せるようになってはいますが、まだ薬での治療が中心となっています。

それぞれの治療の特徴とは

シミ治療に使われる薬として、主に挙げられるのはハイドロキノンです。クリニックでも処方されますし、市販品もあります。それから、皮膚のターンオーバーを正常化し、メラニンを排出する効果のあるトレチノインも効果がありますが、こちらは処方箋が必要になります。また肝斑の治療では、ハイドロキノンやトラネキサム酸と、ビタミンCを併用して治すことがあります。一方でレーザーでのシミ治療ですが、これには特定色素にのみ反応するものと、肌への負担が少ないものとがあります。紫外線によってできたシミにはもっぱら前者が用いられますが、そばかすや、すり傷ややけどの後の炎症性色素沈着には、前者と後者の両方が用いられることもあります。またレーザー治療の場合、多くの場合は健康保険は適用されません。

目元の悩みを解消

目元

目白ポセンシアでは目尻切開法という治療が行われています。目尻側を切開し目の形を変えるのが特徴です。つり目や垂れ目を修正するだけでなく、逆につり目・垂れ目を治療によって作れます。また、目頭切開法と同時に行う事で、目をさらに大きくする事も可能です。

詳しく見る