痛くて辛い足の異常|簡単に消えてしまうシミ治療|クリニックで完全に無くせる

簡単に消えてしまうシミ治療|クリニックで完全に無くせる

女の人

痛くて辛い足の異常

脚

原因は靴のせいではない

足の親指が小指の方へ曲がってしまい、痛くて歩くのも辛くなるのが外反母趾という病気です。この外反母趾は、一般的にハイヒールなど足を締め付ける靴によって、足に負担がかかり起こると思われていますが、これは間違いです。実際にハイヒールを履かない男性や子供にも外反母趾になるものがたくさんいます。ではどうしてこのような症状が出るのかというと、それは足の筋力低下によって骨格の構造が崩れてしまうために起きているのです。足は筋肉によって引き締められて常にアーチ状になっているのが正常な状態です。一般的に土踏まずと呼ばれている部分がそのアーチになります。ですが筋力が低下するとアーチがつぶれてしまい、足にかかる負荷が親指に集中してしまうのです。このようにして親指が関節から変形してしまう症状が外反母趾なのです。

どうすれば良いのでしょう

まず外反母趾の原因を知って治療に生かしてください。足の指、特に親指が長い人は、靴の中で指が自由に動かせず、筋肉をうまく使えなくなってしまいます。足首が内側を向いている人も、重心が足の内側、つまり親指にかかってしまい、それが負担で偏平足になってしまいます。女性などもともと筋力が弱い人もなりやすいと言えます。そして裸足で過ごす機会が減ったことも足の筋肉低下を招いているようです。そこで外反母趾の治療は、筋肉や骨格を正常に戻してアーチを復活させることを目指します。通常の治療では、器具などを使い向きや姿勢などを矯正し、そのうえで適切な運動により筋肉を鍛え足のアーチを復活させます。ただし、症状がひどい場合の治療では、手術による矯正を行う場合もあります。